Hatena::Groupoln

読書ログ@Web小説 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このブログについて
  • 毎週、管理者が「これは」と思った作品を記録・紹介しています(詳細)。
  • 現在、定期更新を休止中です。近日復帰予定。

Mon, 22 May 2006

[] 代表戦士  代表戦士 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
MIZさん
サイト
Garden M > ENTER > 作品館 > 代表戦士
ジャンル
現代一般(中世+コロシアム+勝負系)

たまにはこういう作品を紹介したいのだけれど、どう紹介して良いのか分からない――そもそも、僅か50行の掌編を長々と説明するのもおかしな話。しかし、その50行の中に、戦いの前の緊張感が、平常心の極意が、後戻りを許さない一瞬の攻防が、一杯に詰まっている。あるいは、ちょっとした日常の視点変更。こんな風に小さな想像力で遊びながら日々を過ごせれば、毎日がもっと豊かになるのだろうな、と思う。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20060522

Mon, 15 May 2006

―― ―― - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

今週は通常の更新をお休みします。代わりに、現在採点受け付け中のオンライン短編競作企画:オリジナルコンテストから、管理者が「これは」と思った投稿作品をピックアップ:

  • 02. 黒船……小説コンテストに颯爽と小噺が登場。落語好きなら、お気に入りの噺家さんの高座を思い浮かべながら読むと良い感じになります。
  • 08. パースペクティブ過剰……文章の密度と構成の妙は一読の価値あり。ただ、何が書いてあるのかは良く分かりません。
  • 32. 俺たちいつも仏恥義理だぜ、夜露死苦! ……過疎地の小学校を舞台としたほのぼのストーリー。もう、腕白小僧たちがバカすぎて可愛くて仕方がない、の一言です。
  • 52. 豚……強烈な作品ですが、ホラーだし凄惨だし救いもないので、心に余裕のあるとき以外は読んではいけません。
  • 63. 未来視の見る夢……現在と未来が交錯せずに収束する、不思議なSFストーリー。限られた枚数の中で最大限に展開されたスケールと演出には心憎いものがあります。
  • 78. 君が星を手にするとき……こちらもSFですが、とても落ち着いたおはなし。火星探査ロケットの乗組員、その父親の心情を静かに語ります。

2006年5月26日24時まで、どなたでも採点や感想を付けて投稿作品を評価することができます。採点や感想を送信するためにはメールアドレスの登録が必要なので少し面倒ですが、読むだけならフリーパスです。お時間のある方は少し覗いてみてはいかがでしょうか。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20060515

Mon, 08 May 2006

[][] うちのジイさんが言っていた  うちのジイさんが言っていた - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
SHI-Fさん
サイト
蒼天 > うちのジイさんが言っていた
ジャンル
異世界ファンタジー(迷い込み+魔王+戦略+戦術+微ラブ系)

異世界へ連れ込まれて魔王にされました、というと(少なくともWeb小説界隈では)すっかり見飽きた設定。それなのに本作が面白いのは、主人公の少年が「魔王の力」を得る暇もなく内乱の只中に放り込まれてしまうからだろう。脆弱なヒトとしての能力しか持たない少年が口先と人の良さで軍隊を掌握、戦争を収めていく様子は痛快の一言。魔王の国だけでなく竜人の国や獣人の国など拮抗する勢力が虎視眈々と互いの領域を狙っているという設定もあり、ハラハラしながら楽しめる。加えて、特筆すべきは脇役を固める中年親父キャラクターの魅力。「ライトノベル」を冠するに相応しく、ストーリーのメインは10代の少年少女たちの友情と恋愛と戦いと日常とドタバタなのだけれど。敵方/味方、軍部/政府を問わず物語の要所で暗躍する中年たちがとにかく渋い。そして、熱い。経験を生かして若者を導いたり、しがらみに囚われて葛藤したり、主人公たちよりもよほど人間臭いのだ。この中年マジックが本作を他より頭ひとつ突き抜けたレベルに押し上げていると言っても過言ではないと思う。

現在、第3章を連載中。完結済の2章まででもかなりのボリュームがある。戦略の第1章、政略の第2章と来て、次はどんな展開になるのか楽しみな作品。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20060508

Mon, 01 May 2006

[] 四月、一日。  四月、一日。 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
肉欲 棒太郎さん
サイト
肉欲企画。 > 2006年04月 > 2 > 四月、一日。
ジャンル
現代ファンタジー(ホラー+怖い話系)

作者さんのお名前は(失礼ながら)悪ふざけとしか思えないのだけれど(多分、本当に悪ふざけなのだろう)。掲載されている作品は……やっぱりほとんど悪ノリ一色ながら、気の利いた掌編が多い。巷の「Web小説ランキング」の類を眺めているだけでは決して辿り着けない系統の作品。エイプリルフールのネタとして4月1日のエントリに書かれた本作も、そんな小話の中のひとつ。

酒の席の余興として、「嘘を混ぜて喋る」というゲームを始めた一同。ゲームの趣旨に反して、ある「作り話」を語り出す男。それはこんなストーリーだった――「遠くの大勢の人間の死」「目の前の見知らぬ一人の死」「自分の死」、さあ、どれを選ぶ?

使い古されたテーマであるとはいえ、決して答えの出ない問いでもある。はたして、作中作の主人公はどの行動を選択するのか。翻って、自分ならどれを選択できるだろう。あくまでショートショートのホラーとして読んでも良いし、命の重みについてじっくり考えながら読んでも良い。ただ、割とグロい描写もあるので注意(15禁くらい)。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20060501

Mon, 24 Apr 2006

[] 魔法使いにできること  魔法使いにできること - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
古戸マチコさん
サイト
へいじつや > 読みきり短編全リスト > 「魔法使いにできること」
ジャンル
異世界ファンタジー(ほのぼの+魔法+夢見る少女系)

作者さんは長編でも有名だし、コメディもシリアスも巧みな方なのだけれど。紹介者の趣味でこの作品を。

おとぎ話に出てくる魔法使いを探して異国を旅する世間知らずの少女と、技術を買われて村人に魔法使いと称される電気技師の青年。少女は言った――はじめまして魔法使いさん!! 扱うテーマも展開も、特に目新しいものではないと思う。でも、こういった和み系のストーリーは読者をハラハラさせたり意表を突いたりするためにある訳じゃない。読んでいて安心できて、読み終えて優しい気持ちが残る。例えば、奈知未佐子の掌編漫画集のような……うーん、ちょっと違うか……とにかくそういう、暖色の微風みたいな、柔らかい光みたいな、少し不思議な雰囲気が好きな人にお薦めの作品。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20060424
このブログについて
  • カテゴリーやジャンルで記事を絞り込みたいときは、ページ最上部のフォームに「[短編] [SF]」のようなフレーズを入力して「日記」を押してみてください。
  • 短編=昼休みに読める、中編=一晩で読める、長編=一晩では無理――を(およそ)基準にしています。
  • 「直リンクOK」と明記されているサイトおよびブログ以外はトップページにリンクしています(作品への直リンクがある場合も、トップから辿る方が作品の背景などが分かってより楽しめるかもしれません)。
  • ジャンルは管理者が適当に分類したものであり、作者さんの意図とは異なる可能性があります。
  • 読書傾向はライトノベル・娯楽小説系の作品に偏っています(具体的にはオンライン小説読書に関する46の質問を御参照ください)。
  • 週1回、月曜日に更新予定です。
  • 基本的に作者さんへ紹介の御報告を差し上げていますが、連絡先が不明の場合など無断で紹介している作品もあります。
  • 表現上の問題点や誤読箇所、リンク切れなどがありましたら、トラックバックかコメントフォームを御利用になるか、または左記連絡先へお知らせください。