Hatena::Groupoln

読書ログ@Web小説 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このブログについて
  • 毎週、管理者が「これは」と思った作品を記録・紹介しています(詳細)。
  • 現在、定期更新を休止中です。近日復帰予定。

Mon, 25 Jul 2005

[][] いつかのメリークリスマス  いつかのメリークリスマス - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
え~もんさん
サイト
きびょの家 > え~もん > いつメリ
ジャンル
現代学園(ラブコメ+シリアス系)

軟弱な少年、頼れる悪友、強烈なヒロインと個性豊かなサブヒロインたち――と、王道のキャラクターを配して展開する学園長編。高2の秋から卒業までに体験したイベントを時系列順に描いていく構成の通り、まるきりノベルゲームか連載漫画のノリ。前半コミカル、後半シリアス(ハンカチ必須)だし。こういうノリや名古屋のローカルネタ(ケッタくらいは知っていたけれど、意味不明の名古屋弁も少々あった)が苦手な人には辛いと思うけれど、そうでないならぜひ一読して主役少年の青臭さを味わってほしい。いわゆる「ギャルゲー」が好きな人には特にお薦めの作品。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050725

Mon, 18 Jul 2005

[][] 魔術師のお話  魔術師のお話 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
中井かづきさん
サイト
パノラマ二進法 > *魔術師のお話
ジャンル
異世界ファンタジー(ほのぼの+健気少女系)

便利そうだったからという理由で偏屈魔術師に拾われた記憶喪失少女の一人称視点で進むおはなし。彼女の特技は家事全般(特に菓子作り)。末期的にずぼらな魔術師を世話好きの少女が放っておけるはずもなく、ときに悩みながらも彼の弟子として慌ただしく過ごす日々。一方、不死の魔術師である彼には色々と過去があるようで――

もう、虐めとしか思えない魔術師の仕打ちに耐え、常人の理解の及ばない言動や行動を「彼は魔術師だから」の一言で流してしまう少女がひたすら健気でいじらしい。とにもかくにも、第1話から読み始めてシリーズ第12話「魔術師ソプラノ」まで読み進めてみてほしい。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050718

Mon, 11 Jul 2005

[] Love & Pillow  Love & Pillow - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
いしいたけるさん
サイト
Love & Comic > Novel > Love & Pillow
ジャンル
現代学園(ほのぼの+ラブコメ系)

人付き合いの苦手な少年が、学校の片隅で出会った不眠症の先輩に膝枕をしてあげる――彼女は、ボクの膝の上でならぐっすり眠れるのだ――というおはなし。文章のスタイルがかなり独特なのと主役二人の性格が若干エキセントリックすぎるあたりは好みの分かれるところかもしれないけれど、漫画的なテンポで交わされるちょっとズレた会話が面白い。序盤のヒロインの台詞:「いやあホント、眠った、眠れた。うれしい。しめしめ。」などは特に秀逸(もちろんしめしめがポイント)。快適な膝枕のために寝具を持参する少年の甲斐甲斐しさも微笑ましい限り。妙なノリが好きな人に、同じ作者さんの「Love & Ginger」と合わせてお薦め。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050711

Mon, 04 Jul 2005

[][] 聖女と騎士のはなし  聖女と騎士のはなし - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
bokuさん
サイト
Awyr > 聖女と騎士のはなし
ジャンル
異世界ファンタジー(ほのぼの+もどかしい系)

伝説の聖剣に「選ばれて」しまったがために前線へ駆り出された村娘と、彼女の守護と監視を命じられた堅物騎士、そして彼らを取り巻く東の砦の騎士たちのおはなし。もう、「心温まるストーリー」と評するしかない。砦の面々は個性豊かながらも気の良い人物ばかりで、長きに渡る魔物との戦争に疲弊した時代が描かれていることをしばしば忘れてしまうほど。シリーズ第4話から登場するレギュラーキャラクターのわがまま公子も魅力的で、物語の味わいを深めるのに一役買っている。何より全体を通した言葉遣いが本当に綺麗で、誰にでもお薦めできる一作。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050704
このブログについて
  • カテゴリーやジャンルで記事を絞り込みたいときは、ページ最上部のフォームに「[短編] [SF]」のようなフレーズを入力して「日記」を押してみてください。
  • 短編=昼休みに読める、中編=一晩で読める、長編=一晩では無理――を(およそ)基準にしています。
  • 「直リンクOK」と明記されているサイトおよびブログ以外はトップページにリンクしています(作品への直リンクがある場合も、トップから辿る方が作品の背景などが分かってより楽しめるかもしれません)。
  • ジャンルは管理者が適当に分類したものであり、作者さんの意図とは異なる可能性があります。
  • 読書傾向はライトノベル・娯楽小説系の作品に偏っています(具体的にはオンライン小説読書に関する46の質問を御参照ください)。
  • 週1回、月曜日に更新予定です。
  • 基本的に作者さんへ紹介の御報告を差し上げていますが、連絡先が不明の場合など無断で紹介している作品もあります。
  • 表現上の問題点や誤読箇所、リンク切れなどがありましたら、トラックバックかコメントフォームを御利用になるか、または左記連絡先へお知らせください。