Hatena::Groupoln

読書ログ@Web小説 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このブログについて
  • 毎週、管理者が「これは」と思った作品を記録・紹介しています(詳細)。
  • 現在、定期更新を休止中です。近日復帰予定。

Mon, 29 Aug 2005

[] 僕の初恋  僕の初恋 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
砂木碧さん
サイト
砂木碧の部屋 > NOVELS > ファンタジー小説 > 「僕の初恋」
ジャンル
現代ファンタジー(ラブコメ+狼少女系)

金色のオオカミに一目惚れした童顔+天然な少年、その恋の顛末。本文を読む前にヒロイン=狼少女だと分かっているので、種明かしの快感はないものの安心して読める。少年漫画か少女漫画の良質な読み切り短編という印象。「一つ屋根の下に二人きり」などお約束通りの展開かと思いきやそれなりに絶体絶命の危機もあったりして、ヒロインの正体が上手く生かされている。何より、この作品の一番の魅力は彼女の性格(業界用語でいうとツンデレ)。こういうノリが好きな人に、同じシリーズのもう一作と合わせてお薦め。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050829

Mon, 22 Aug 2005

[][] 古代のナガ  古代のナガ - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
Ipi Yuhmさん
サイト
工作しよう 工作ホリック > 古代のナガ全17話*1
ジャンル
時代ファンタジー(ほのぼの+シリアス+修験道系)

文武三年、藤原京。主人公である少年は、雷に打たれ時空を越えた知識を得る。はじめ彼はその知識を持て余すものの、修験道の祖である役小角との出会いが彼の運命を変えていく――何といっても、小角とその弟子である修験者たち、そして二人の鬼のキャラクターが魅力的。一癖も二癖もある人物ばかりで、鬼やら神やら法力やら陰謀やらが登場してもストーリーは仰々しくならず、軽快な人間ドラマになっている。修験者たちの法力と少年の科学知識が互いに影響しあう展開も面白く、ラストの余韻も印象深い作品。実在の役行者伝説に沿った要素もあり、そのあたりを知っているとより楽しめるかもしれない。

*1:トップページの真ん中あたりに目次があります。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050822

Mon, 15 Aug 2005

[][] 世界線-world line-  世界線-world line- - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
kaieiさん
サイト
Cruel Books > [enter] > NOVEL > 世界線-world line-
ジャンル
異世界ファンタジー(シリアス+ほのぼの+最強魔女系)

迷い込み型のストーリーは数あれど、異世界→異世界の迷い込みは珍しい。底無しの魔女と畏怖され、山奥に半ば隠遁して暮らす賢者。彼女はある日、瀕死の重傷を負った剣士を拾う。霊刀を携える彼は別の世界の住人だった。剣士を介抱、行動を共にするようになる魔女。異界の人間であるがゆえに彼女を色眼鏡で見ることのない彼に、彼女は次第に惹かれて――と、ダメだ、これではこの物語の魅力が伝わらない。何を隠そう、無表情(多分)であたふたする賢者の純情っぷりが良いのである。可愛いのである。読むべきなのである。とはいえ、連載中のストーリーはようやく佳境、彼らを取り巻く陰謀が姿を現してきたところ。今後の展開が楽しみな作品でもある。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050815

Mon, 08 Aug 2005

[][] 風来堂奇譚  風来堂奇譚 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
大河渡さん
サイト
檸檬亭 > 書庫 > 風来堂奇譚コーナー
ジャンル
時代ファンタジー(ラブコメ+伝奇系)

大正十年、浅草。祖父から託された骨董鑑定商を営む少年の元には、今日もいわくありげな品物が持ち込まれる。人々の想いの絡み合った品々が引き起こす、もの哀しく、あるいは美しい事件――

浅草十二階が健在、というだけでドキドキしてしまう読者には堪らない舞台設定。花やしきとか、神谷バーとか。ヒロインのお嬢さんはキュートだし、ミステリの風味もあり、と一粒で三度くらい美味しい爽快作。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050808

Mon, 01 Aug 2005

[] アクロバティック0.75  アクロバティック0.75 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
こーきさん
サイト
ひかり小説館 > アクロバティック0.75
ジャンル
ミステリ(異色構成+メール系)

「理由」を名乗る人物がとあるサイトに書き込んだ、心中仲間を募るメッセージ。返信したのは、それぞれ心に何かを抱えた人々――架空のメールの文面だけでストーリーを構成する、という実験小説は巷に数多あるけれど、この作品は特に凄い。各々独立したメールの絶妙な繋がり方とか、行間の匂わせ方とか、メールアドレスとハンドルに頼った匿名の人間関係に潜む不確定感とか、オンラインのやり取りならではの雰囲気を上手く生かした描写と展開が魅力的。トリックの方も抜かりなく――や、ネタバレになるから止めておこう。ただ、表紙を開いた時点で既に仕掛けられているぞ、とだけ。終盤の緊迫感も出色。全部で100話(100通)近くあるものの、各話が短いのでドキドキしながら一気に読める。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050801
このブログについて
  • カテゴリーやジャンルで記事を絞り込みたいときは、ページ最上部のフォームに「[短編] [SF]」のようなフレーズを入力して「日記」を押してみてください。
  • 短編=昼休みに読める、中編=一晩で読める、長編=一晩では無理――を(およそ)基準にしています。
  • 「直リンクOK」と明記されているサイトおよびブログ以外はトップページにリンクしています(作品への直リンクがある場合も、トップから辿る方が作品の背景などが分かってより楽しめるかもしれません)。
  • ジャンルは管理者が適当に分類したものであり、作者さんの意図とは異なる可能性があります。
  • 読書傾向はライトノベル・娯楽小説系の作品に偏っています(具体的にはオンライン小説読書に関する46の質問を御参照ください)。
  • 週1回、月曜日に更新予定です。
  • 基本的に作者さんへ紹介の御報告を差し上げていますが、連絡先が不明の場合など無断で紹介している作品もあります。
  • 表現上の問題点や誤読箇所、リンク切れなどがありましたら、トラックバックかコメントフォームを御利用になるか、または左記連絡先へお知らせください。