Hatena::Groupoln

読書ログ@Web小説 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このブログについて
  • 毎週、管理者が「これは」と思った作品を記録・紹介しています(詳細)。
  • 現在、定期更新を休止中です。近日復帰予定。

Mon, 21 Nov 2005

[][] 或る少女の肖像  或る少女の肖像 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
Lis Sucreさん
サイト
Lis Sucre > Novel > 或る少女の肖像
ジャンル
時代小説(恋愛+19世紀フランス+もどかしい系)

暗いトラウマを抱えて孤児院から逃げ出した少女と、実家を飛び出し画家として暮らす青年貴族のほのかなラブストーリー。二人は割と重い過去を背負っていたりするのだけれど、物語は総じて軽快に――気障な台詞を畳み掛けるように紡ぎ出す青年と、気丈で辛辣な物言いをする少女の掛け合いを軸として――進む。二人の間に流れる空気の巧みな緩急がストーリーを引き締めている印象。サブキャラクターたちにもそれぞれアクがあって素敵だし、忘れてはいけないのがイラストの良さ。挿絵付きのオンラインノベルには「イラストはちょっと……」というものも多いけれど、この作品に関してはスケッチ風のイラストが物語の外観を和らげ、魅力を高めるのに一役買っている。また、連載を通した展開は現在最新の第9章にして急転直下といったところ。しばらくは目が離せない。

カテゴリを移動しました:短編・連作→長編・連載中

カテゴリを移動しました:長編・連載中→長編・完結

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20051121

Mon, 05 Sep 2005

[][] 霧の森  霧の森 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
まいまいさん
サイト
雑文小箱 > そらしろしりーず > 『霧の森』(閉鎖)
ジャンル
現代一般(恋愛+山岳系)

作者さんの山岳恋愛小説シリーズの外伝的作品。なので、本来ならシリーズ第一作から順番に読むべきなのかもしれない。とはいえ、本編の方は山岳要素が強くて若干敷居が高いので、初心者にも読みやすい本作から入るのもアリだと思う。

ストーリーとしては、主要人物たちがそれぞれ激しい過去を背負っていたり、短期間に山あり谷ありの展開だったり――と、そのあたりだけに注目すれば「いかにも小説」といった体なのだけれど、実際に読んでみると不自然な印象がないから不思議。要所に配合された奥多摩成分の効果に違いない。単なる恋愛のほかに「山」という軸があると、それだけで物語が引き締まる。もちろん、山だけでなくキャラクターも魅力的で、壮絶な紳士ぶりを発揮する「石田さん」は思わず応援したくなってしまうし、留守電の伝言を抱いて眠る「理恵ちゃん」に惚れない男は男じゃないと叫びたくなるほど。終盤、少しばかりお子様お断りなシーンがあるのでそこだけ注意(15禁くらい)。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050905

Mon, 22 Aug 2005

[][] 古代のナガ  古代のナガ - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
Ipi Yuhmさん
サイト
工作しよう 工作ホリック > 古代のナガ全17話*1
ジャンル
時代ファンタジー(ほのぼの+シリアス+修験道系)

文武三年、藤原京。主人公である少年は、雷に打たれ時空を越えた知識を得る。はじめ彼はその知識を持て余すものの、修験道の祖である役小角との出会いが彼の運命を変えていく――何といっても、小角とその弟子である修験者たち、そして二人の鬼のキャラクターが魅力的。一癖も二癖もある人物ばかりで、鬼やら神やら法力やら陰謀やらが登場してもストーリーは仰々しくならず、軽快な人間ドラマになっている。修験者たちの法力と少年の科学知識が互いに影響しあう展開も面白く、ラストの余韻も印象深い作品。実在の役行者伝説に沿った要素もあり、そのあたりを知っているとより楽しめるかもしれない。

*1:トップページの真ん中あたりに目次があります。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050822

Mon, 15 Aug 2005

[][] 世界線-world line-  世界線-world line- - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
kaieiさん
サイト
Cruel Books > [enter] > NOVEL > 世界線-world line-
ジャンル
異世界ファンタジー(シリアス+ほのぼの+最強魔女系)

迷い込み型のストーリーは数あれど、異世界→異世界の迷い込みは珍しい。底無しの魔女と畏怖され、山奥に半ば隠遁して暮らす賢者。彼女はある日、瀕死の重傷を負った剣士を拾う。霊刀を携える彼は別の世界の住人だった。剣士を介抱、行動を共にするようになる魔女。異界の人間であるがゆえに彼女を色眼鏡で見ることのない彼に、彼女は次第に惹かれて――と、ダメだ、これではこの物語の魅力が伝わらない。何を隠そう、無表情(多分)であたふたする賢者の純情っぷりが良いのである。可愛いのである。読むべきなのである。とはいえ、連載中のストーリーはようやく佳境、彼らを取り巻く陰謀が姿を現してきたところ。今後の展開が楽しみな作品でもある。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050815

Mon, 25 Jul 2005

[][] いつかのメリークリスマス  いつかのメリークリスマス - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
え~もんさん
サイト
きびょの家 > え~もん > いつメリ
ジャンル
現代学園(ラブコメ+シリアス系)

軟弱な少年、頼れる悪友、強烈なヒロインと個性豊かなサブヒロインたち――と、王道のキャラクターを配して展開する学園長編。高2の秋から卒業までに体験したイベントを時系列順に描いていく構成の通り、まるきりノベルゲームか連載漫画のノリ。前半コミカル、後半シリアス(ハンカチ必須)だし。こういうノリや名古屋のローカルネタ(ケッタくらいは知っていたけれど、意味不明の名古屋弁も少々あった)が苦手な人には辛いと思うけれど、そうでないならぜひ一読して主役少年の青臭さを味わってほしい。いわゆる「ギャルゲー」が好きな人には特にお薦めの作品。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050725
このブログについて
  • カテゴリーやジャンルで記事を絞り込みたいときは、ページ最上部のフォームに「[短編] [SF]」のようなフレーズを入力して「日記」を押してみてください。
  • 短編=昼休みに読める、中編=一晩で読める、長編=一晩では無理――を(およそ)基準にしています。
  • 「直リンクOK」と明記されているサイトおよびブログ以外はトップページにリンクしています(作品への直リンクがある場合も、トップから辿る方が作品の背景などが分かってより楽しめるかもしれません)。
  • ジャンルは管理者が適当に分類したものであり、作者さんの意図とは異なる可能性があります。
  • 読書傾向はライトノベル・娯楽小説系の作品に偏っています(具体的にはオンライン小説読書に関する46の質問を御参照ください)。
  • 週1回、月曜日に更新予定です。
  • 基本的に作者さんへ紹介の御報告を差し上げていますが、連絡先が不明の場合など無断で紹介している作品もあります。
  • 表現上の問題点や誤読箇所、リンク切れなどがありましたら、トラックバックかコメントフォームを御利用になるか、または左記連絡先へお知らせください。