Hatena::Groupoln

読書ログ@Web小説 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このブログについて
  • 毎週、管理者が「これは」と思った作品を記録・紹介しています(詳細)。
  • 現在、定期更新を休止中です。近日復帰予定。

Mon, 30 Jan 2006

[][] 正しい奴隷の育て方  正しい奴隷の育て方 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
ひのさん
サイト
Sugarless > 小説 > 正しい奴隷の育て方
ジャンル
異世界ファンタジー(コメディ+シリアス+魔族少女系)

魔族が人間の下位に置かれ、奴隷として扱われている時代。若手《中間管理職》騎士と、彼に引き取られた魔族の少女の、ときに和やかで、ときにハードな物語。事件あり、魔法あり、個性の強い脇役あり、可愛い女の子あり、報われない主人公あり――と、ライトノベル的な要素が一杯に詰まっていて、この手のファンタジーが好きな人にはすっかり魅力的に映るはず。少なくとも、タイトルの奴隷に恐れをなして避けてしまうには勿体なさすぎる一作。

肝心の内容は、というと……気苦労の耐えない主人公と周辺の人物たちとの掛け合いを楽しむ漫才モノとしても読めるし、魔族差別に対する意識差やガス灯・道路の舗装といった緻密な都市風景の設定に裏打ちされた社会派のストーリーとしても読める。もちろん、女の子のあれこれに注目すればいわゆる「萌え小説」にもなる。割と何でもアリな構成。各話ごとに独立したエピソードとして楽しめるので、まずは第一話「ミルクはいかが?」から。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20060130

Mon, 23 Jan 2006

[] ミッド・ウィケットの交渉師  ミッド・ウィケットの交渉師 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
小沢イネさん
サイト
コチと裏庭 > 物語 > ミッド・ウィケットの交渉師
ジャンル
異世界ファンタジー(児童文学+魔法学園系)

交渉師はデームという未知の生物と交渉し、彼らの意思をくむことのできる唯一の人間だ――天才交渉師イルセル・ロランズと、思いがけず彼と関わりを持つことになった落ちこぼれの「僕」を描く学園ストーリー。

海外児童文学を翻訳したような独特の文体が印象深い物語。劣等性である主人公の葛藤、天才魔術師の秘密、謎の巨人の正体――などなど、色々な要素が綴られていくのだけれど……何というか、上手く作品をまとめられない。文章はどちらかといえば硬めなのに、読んでいてとてもふわふわした幻覚みたいな感覚が残る。あとがきで「夢を元にして書かれた」と説明されていて、なるほどと納得した次第。とまれ、ハリポタ――はちょっと違うか――とにかく、こういう非RPG風ファンタジーが好きな人にはお薦めの一作。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20060123

Mon, 26 Dec 2005

[][] Bitter Orange, in the Blaze.  Bitter Orange, in the Blaze. - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
紅崎ナヤさん
サイト
Country Olives > ■Bitter Orange, in the Blaze.(長編/完結済)
ジャンル
異世界ファンタジー(冒険+戦争+シリアス+格闘少女系)

全10章150話の大長編。魔物、妖精、魔法、伝説の剣士、貴族の圧政――RPG系ファンタジー的な要素を余さず揃えた物語の中に、登場人物それぞれのドラマとミステリがあり、反体制派による戦略劇もあり、と非常に密度の濃い力作。まさに長々編だからこそ可能な構成だといえるのかもしれない。とはいえ、章毎にフィーチャーされるキャラクターが(大まかに)決まっているのでストーリーを把握しやすいうえ、脇役も含めてアクの強い登場人物ばかりなので、おはなしの流れを追えなくなったり展開が間延びしたりといった心配は無用。ついでに、中世ヨーロッパ風の都市から荒野、森林、海洋、マチュピチュの山岳遺跡を思わせる聖地に至るまで、異世界紀行文としても楽しめるくらいに目まぐるしく舞台を変える旅の魅力もある。一晩であっさりという訳にはいかないけれど、年末年始にじっくり腰を落ち着けて読むのにはぴったりな作品。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20051226

Mon, 07 Nov 2005

[][] 失恋クエスト  失恋クエスト - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
穂村 一彦さん
サイト
大陸工房 > ◆小説 > 失恋クエスト
ジャンル
異世界ファンタジー(パロディ+ラブコメ+ドラクエ系)

勇者は魔法使いや僧侶、商人とパーティーを組んで魔王の居城を目指し、魔王は「世界の半分をお前にやろう、わっはっは」と提案する――これだけの説明で恐らく日本人の数割が了解するに違いない、そんな世界、そんな時代。しかし、勇者は王女にフラれたショックで戦意消失、あまつさえ魔王に同情されたりして良いとこなし。ついでに、第2話以降はしばらく出番もなし。シリーズのメインテーマは、冒険を終えて「普通の女の子」になった魔法使い(恋愛LV1)のちょっと普通でない恋愛模様であるからして――

一言でいうと、漫画やライトノベルによくあるパロディもの。お約束にお約束を重ねたコテコテのコメディなのだけれど、作者さんはこうした軽めの文章を書き慣れた人のようで非常に読みやすい。ひたすら初々しい主人公たちが一昔前の少年/少女漫画を読んでいるようで可愛いし、おやつがわりに気楽に楽しめる良作。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20051107

Mon, 10 Oct 2005

[][] イルカ  イルカ - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
水琴亭さん
サイト
水琴亭 > イルカ
ジャンル
異世界ファンタジー(パロディ+コメディ+冒険勇者系)

女神の啓示を受けて勇者となった少女が、数々の苦難を乗り越え、ついに魔王を――などというRPG譚とは似て非なるパロディ・ストーリー。女神は単なるわがまま姉さんだし、勇者は飽きっぽくて他力本願で(多分)万年レベル1。では、なぜ彼女はやりたくもない「勇者」を続けるのか? 勇者の印、頭上の「▼」(画面上で判別しやすいように光っているアレ)が恥ずかしいからである。魔王を退治しなければ「▼」が消えないのである。色気より食気とはいえ、彼女も年頃の女の子なのだ。

――と、悪ノリ気味の設定ながら、物語自体はしっかりしていて安心して読める。登場する神様、貴族、王族、ライバル(?)などRPG的なキャラクターたちがそれぞれ過剰に個性豊かで毎回楽しませてくれるし、西洋風と東洋風の混ざり合った世界設定も味わい深い。そしてどうやら飽きっぽくて他力本願な少女も「仲間を惹き付ける」という勇者の基本にして最も重要な資質は備えていたようで――

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20051010
このブログについて
  • カテゴリーやジャンルで記事を絞り込みたいときは、ページ最上部のフォームに「[短編] [SF]」のようなフレーズを入力して「日記」を押してみてください。
  • 短編=昼休みに読める、中編=一晩で読める、長編=一晩では無理――を(およそ)基準にしています。
  • 「直リンクOK」と明記されているサイトおよびブログ以外はトップページにリンクしています(作品への直リンクがある場合も、トップから辿る方が作品の背景などが分かってより楽しめるかもしれません)。
  • ジャンルは管理者が適当に分類したものであり、作者さんの意図とは異なる可能性があります。
  • 読書傾向はライトノベル・娯楽小説系の作品に偏っています(具体的にはオンライン小説読書に関する46の質問を御参照ください)。
  • 週1回、月曜日に更新予定です。
  • 基本的に作者さんへ紹介の御報告を差し上げていますが、連絡先が不明の場合など無断で紹介している作品もあります。
  • 表現上の問題点や誤読箇所、リンク切れなどがありましたら、トラックバックかコメントフォームを御利用になるか、または左記連絡先へお知らせください。