Hatena::Groupoln

読書ログ@Web小説 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このブログについて
  • 毎週、管理者が「これは」と思った作品を記録・紹介しています(詳細)。
  • 現在、定期更新を休止中です。近日復帰予定。

Mon, 10 Apr 2006

[] デズモンド・パークの花嫁  デズモンド・パークの花嫁 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
jirisさん
サイト
地リスの応接間 > 外国の話 > デズモンド・パークの花嫁
ジャンル
時代小説(恋愛+16世紀イタリア/イギリス+サスペンス系)

サイトのトップにある通り、最後はめでたしめでたしというコンセプトで作品をお書きになっているらしい作者さん。恋愛モノと時代モノは「お約束」に限る、と常々思っている私のような読者には非常にありがたい。ひたすら安心して読める。もう、ドロドロの事件が綺麗に解決して、第一印象の最悪だった登場人物たちの素顔が見えてきて、分かっちゃいるけど凄く読後感が良いですよコンチクショウ、という感じ……あれ、紹介になってないかも、これ。ストーリーを要約すると、腹黒エロ商人に陥れられてしまった孤児の少女が男前の伯爵に救い出されるのだけれど、若き伯爵には黒い噂があって――というおはなしです。舞台となっている近世ヨーロッパのロマンと、しっかり者の少女が覇気のない屋敷を切り盛りしていくあたりのテキパキ感も見所。

2%(管理者)2%(管理者)2006/04/11 03:30余談ですが、以前紹介した「或る少女の肖像」と合わせると私の趣味が丸分かりですね。ヨーロッパ(近世)、少女(天涯孤独)、好色オヤジ(女の敵)、青年貴族(性格がヘン)、……

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20060410

Mon, 21 Nov 2005

[][] 或る少女の肖像  或る少女の肖像 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
Lis Sucreさん
サイト
Lis Sucre > Novel > 或る少女の肖像
ジャンル
時代小説(恋愛+19世紀フランス+もどかしい系)

暗いトラウマを抱えて孤児院から逃げ出した少女と、実家を飛び出し画家として暮らす青年貴族のほのかなラブストーリー。二人は割と重い過去を背負っていたりするのだけれど、物語は総じて軽快に――気障な台詞を畳み掛けるように紡ぎ出す青年と、気丈で辛辣な物言いをする少女の掛け合いを軸として――進む。二人の間に流れる空気の巧みな緩急がストーリーを引き締めている印象。サブキャラクターたちにもそれぞれアクがあって素敵だし、忘れてはいけないのがイラストの良さ。挿絵付きのオンラインノベルには「イラストはちょっと……」というものも多いけれど、この作品に関してはスケッチ風のイラストが物語の外観を和らげ、魅力を高めるのに一役買っている。また、連載を通した展開は現在最新の第9章にして急転直下といったところ。しばらくは目が離せない。

カテゴリを移動しました:短編・連作→長編・連載中

カテゴリを移動しました:長編・連載中→長編・完結

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20051121

Mon, 17 Oct 2005

[] ロタチオン  ロタチオン - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
ハヤシカイエさん
サイト
うみがめのスープ > 小説 > ロタチオン
ジャンル
時代小説 (女中+書斎+恋愛+太平洋戦争系)

あたしは弐百円で見知らぬ土地に売られた――このフレーズから始まる物語は、しかし暗くもなければ、軽くもない。「許されざる恋」にカテゴライズされる状況だと思うけれど、取り立てて悲恋という訳でもない。戦時下の危ういバランスの上で揺れながらそれでも温かで確固としたストーリーが綴られていくのは、ひとつには主人公の少女の強さのおかげである。彼女は頭が良くて、本当に強い。「まえがき」を拝見する限り作者さんは設定や描写のリアリティについて気にしておられるようだけれど、いわゆる「戦争小説」ではない本作のこと、現代の読者へ物語を伝えるために、このリアルとアンリアルの配合は絶妙だと思う。何はともあれ、(東北弁にアレルギーがなければ)一読の価値のある作品。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20051017

Mon, 27 Jun 2005

[][] 裏長屋竹光指南  裏長屋竹光指南 - 読書ログ@Web小説 を含むブックマーク

作者
利倉奈津さん
サイト
雨の日の帰り道 > STORY-a > 裏長屋竹光指南(閉鎖)
ジャンル
時代小説(ほのぼの+シリアス+剣客人情系)

天保七年、江戸。刀を質に入れ、長屋で酒びたりの毎日を送る浪人。彼の生活は、長屋の差配の紹介で知り合った剣客と交流を深めるうち少しずつ綻びていく。折りしも奥羽の飢饉をきっかけとして世間には不穏な風が吹き始めており――

複雑に絡み合った事件と主要人物たちの過去が描かれる一方で、米価の高騰にもめげず明るく振る舞う長屋の住人や手習い塾に通う無邪気な子供たちの姿が読者の心を和ませる。二枚目半浪人の報われない恋の行方も見所のひとつ。作品表紙の煽り文句に剣あり、恋あり、笑いありとある通りこの物語から受ける印象は人それぞれだと思うけれど、最後まで読み終えたときにしみじみと心が温かくなっていることだけは間違いない。現在、同サイトにて後日談シリーズを連載中。

トラックバック - http://oln.g.hatena.ne.jp/sqrt/20050627
このブログについて
  • カテゴリーやジャンルで記事を絞り込みたいときは、ページ最上部のフォームに「[短編] [SF]」のようなフレーズを入力して「日記」を押してみてください。
  • 短編=昼休みに読める、中編=一晩で読める、長編=一晩では無理――を(およそ)基準にしています。
  • 「直リンクOK」と明記されているサイトおよびブログ以外はトップページにリンクしています(作品への直リンクがある場合も、トップから辿る方が作品の背景などが分かってより楽しめるかもしれません)。
  • ジャンルは管理者が適当に分類したものであり、作者さんの意図とは異なる可能性があります。
  • 読書傾向はライトノベル・娯楽小説系の作品に偏っています(具体的にはオンライン小説読書に関する46の質問を御参照ください)。
  • 週1回、月曜日に更新予定です。
  • 基本的に作者さんへ紹介の御報告を差し上げていますが、連絡先が不明の場合など無断で紹介している作品もあります。
  • 表現上の問題点や誤読箇所、リンク切れなどがありましたら、トラックバックかコメントフォームを御利用になるか、または左記連絡先へお知らせください。